スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北島に帰還 

till Nelson
この日は朝7時半前に起床。 シャワーなど浴びて朝10時にKaikoura近くのキャンプ場を出た。
フェリーが出るPictonには2時間20分くらいで無事到着!
2時頃フェリーが出る。
いよいよ南島ともお別れだ・・・(-_-)

そう言えば、トゥリしたけど結局じぇんじぇんトゥレなかったな。。。


jan 13th, 2012 (1)jan 13th, 2012 (2)jan 13th, 2012 (3)jan 13th, 2012 (4)jan 13th, 2012 (5)jan 13th, 2012 (6)jan 13th, 2012 (7)jan 13th, 2012 (8)
いよいよ首都Wellingtonに向けて出発! 時期によって値段は違うけど$100くらいだった。
行きと同じようにフェリーに車ごと乗って出発。

南島を左回りに半周するような感じで旅は終わった。
さて、オークランドに戻ったら仕事だ( ゚∀゚ )キターーー

スポンサーサイト

ラマ君たちと散歩 

till kaikoura
2日滞在したChrist Churchを出発して次なる目的地Kaikouraにログイン(゚∀゚)
所要時間2時間20分くらい。


Jan 12th, 2012 (15)Jan 12th, 2012 (16)
まずはオサレなこちらのi-siteにて情報収集。


Jan 12th, 2012 (4)Jan 12th, 2012 (5)Jan 12th, 2012 (6)Jan 12th, 2012 (8)Jan 12th, 2012 (9)
この街、クジラが有名みたいで所々にクジラの画などがある。


Jan 12th, 2012 (10)Jan 12th, 2012 (12)Jan 12th, 2012 (13)Jan 12th, 2012 (14)
高めのランチを食べる。 $23。。。 
このマッスルを使った料理もNZでは一般的な食事らしい。


Jan 12th, 2012 (11)
ここのフカフェはサンドウィッチも売っており大体$5くらい。

Jan 12th, 2012 (24)
ランチを食べ終え、いよいよラマ君と散歩の時間♪♪♪
3時間チョイの散歩で$99
予約はこのサイトからやりますた↓↓
ラマツアー



Jan 12th, 2012 (18)Jan 12th, 2012 (19)Jan 12th, 2012 (20)Jan 12th, 2012 (21)
ラマ君が2匹来てくれて、今回は黒い方をチョイス。
ラマ君の足ってこんなんwww



Jan 12th, 2012 (22)Jan 12th, 2012 (25)Jan 12th, 2012 (26)Jan 12th, 2012 (27)Jan 12th, 2012 (28)Jan 12th, 2012 (57)
海沿いを基本的は散歩し、出会ったチビっ子たちから大人気なラマ君www


Jan 12th, 2012 (32)
途中、休憩があってホットチョコレートなどのサーヴィスもあった。
意外と嬉しい♪♪♪



Jan 12th, 2012 (33)Jan 12th, 2012 (34)Jan 12th, 2012 (31)Jan 12th, 2012 (30)Jan 12th, 2012 (29)
彼らも草など食べながら休憩www


Jan 12th, 2012 (36)Jan 12th, 2012 (35)
意外とガッチリした毛並みですた。


Jan 12th, 2012 (37)Jan 12th, 2012 (38)Jan 12th, 2012 (39)Jan 12th, 2012 (43)Jan 12th, 2012 (44)Jan 12th, 2012 (40)Jan 12th, 2012 (41)Jan 12th, 2012 (42)Jan 12th, 2012 (45)Jan 12th, 2012 (46)Jan 12th, 2012 (47)
休憩場所のすぐ近くにクジラについて展示された家があった。
そう言えば、このKaikouraという街、クジラで有名だった。


Jan 12th, 2012 (48)
ここからクジラが見えたのだろうか??
歴史を感じる港だったとこ。。。



Jan 12th, 2012 (49)Jan 12th, 2012 (50)Jan 12th, 2012 (51)
ラマ君たちとアザラシが見える事で有名なポイントに到着したが・・・
・・・アザラシ居ねぇ~~~~っ><

仕方なくこの辺で時間をつぶし・・・


Jan 12th, 2012 (52)Jan 12th, 2012 (53)Jan 12th, 2012 (54)
ラマ君ツアー終了!
元の場所までラマ君達ちと一緒に車で送迎してくれるwww



Jan 12th, 2012 (55)
晴れてればもっと良かったんだけど、楽しめたので良かった。
明日はいよいよ南島出発だ。。。

Christ Churchの街 

till Christ Church
南島最大の街で、地震で大きな被害にあった事で有名になってしまった場所。
今回の旅で実は一番興味あった場所。 やぱり地震の被害を実際に見てみたかったので。



Christ Church (1)Christ Church (2)Christ Church (3)Christ Church (4)Christ Church (5)Christ Church (6)Christ Church (7)Christ Church (8)Christ Church (9)Christ Church (10)
最初は「そうでもないな。」
と思ってた。
ただ、作業が激しく遅いとは感じた。 最初のデカい地震が起きて約1年は経ってるのに。。
ジャポンでは報道されてないけど、実はジャポンで報道になったM6.1の地震以外に、あと2回デカいのが(彼らにとっては)起きてて、2回目、3回目となるにつれて、住んでる住人は撤退し、作業現場でも士気が低下し、修復が遅くなってる理由の1つみたいだ。



Christ Church (11)Christ Church (12)Christ Church (13)Christ Church (25)Christ Church (26)Christ Church (27)Christ Church (29)Christ Church (30)
街の中心地。 ジャポンでも報道されたビル倒壊現場もこのエリアの中みたいだ。
入る事は出来なかった。
このフェンスよりは先は別世界だった。



Christ Church (14)Christ Church (15)Christ Church (16)
その中心地のすぐ近くを流れる川。
Brown Trout や ウナギも優雅に泳いでた( ゚∀゚ )

地元の人に言われた事なんだけど、この川、地震のせいで汚染水などが流れ込んでしまったらしく「魚は食えないよ」と言われた。
東北の原発汚染に比べたらじぇんじぇん問題ないだろうけどねwww



Christ Church (17)Christ Church (18)Christ Church (19)Christ Church (20)
中心地ではないが、立ち入り禁止のすぐ近くの場所もかなりの被害が出てる。
このレストランなんかは地震が起きてそのまま逃げたんだろう。それきりとなっている。
ガラスの破片だって半日あれば片づけられるのに、それすらやってない状況。
どれだけヤル気がない or 作業が遅いのが分かる。



Christ Church (28)
こういう状態が当たり前の2012年1月10日


Christ Church (31)Christ Church (32)Christ Church (33)Christ Church (34)Christ Church (35)Christ Church (36)
そんな中、公園があって、そこで くつろぐ美女達www


Christ Church (21)Christ Church (22)Christ Church (23)Christ Church (24)
それ意外にも驚いたのが観光地になってて、結構 人が多かったんだよね。
年齢層や性別は幅広く、美女もいたお( ゚∀゚ )

屋台なども商売として成り立ってる逞しさっwww


いや~、見に来て良かった!!
こういう事ってネットでは うpされてるのかもだけど実際に自分が行って確かめるのが良いよね!!
この街がまた活気をとり戻すのは何時になるのかな~~~´Д`)゚???

Christ Churchに向けて!! 

jan 9th, 2012 (1)jan 9th, 2012 (2)
この ふつくしい夕日のHokitikaを朝9時30分にHoliday park出発し、次に目指すはChrist Church!!

Arthurs Park
斜めに横断するような感じでChrist Churchに向かう


jan 9th, 2012 (6)
jan 9th, 2012 (5)jan 9th, 2012 (7)
その前にデカい岩が見れるスポットに寄った。
この岩は1880年代の金山だった場所にあった。。
この岩はGreymouthまで海を渡って運ばれた歴史があるみたいだけど、今では山奥にヒッソリと眠っていた。



jan 9th, 2012 (12)jan 9th, 2012 (11)jan 9th, 2012 (14)jan 9th, 2012 (10)
途中、国立公園を通過したんだけど、ここは雄大な場所ですたっ!!
こういうのを見るとNZはやぱり自然が豊かだと激しく思う(´∀`)



jan 9th, 2012 (13)
135km。。。
目的地のChrist Churchまではまだあるな・・・。



jan 9th, 2012 (15)
特にオモしろい事は起きず、午後2時過ぎに無事にChrist Churchにログイン!!!
ここで2泊する予定だ( ゚∀゚ )


HokitikaでWhite Baitを喰らう 

Hokitika_20140630090412080.jpg
hokitika (4)hokitika (2)
ROSSを出発した後はGreymouth方面に一旦戻るような感じで
Hokitikaという街に寄った。
ここでの目的はWhite Baitを喰らう事である。


hokitika (41)hokitika (42)
メニューにも書いてあるWhite Baitの料理を注文。

hokitika (43)hokitika (45)
オーソドックスなスタイルがコレらしい。
値段は$12  NZって物価高いwww
ケチャップを付けたいとこだがレモンで頂くのが基本らしいので試してみた。
ウ、ウマスっ(゚∀゚)!


レモンの酸味が確かに良いアクセントになって脂っこくあんまり感じない。
ところで、このWhite Baitと呼ばれてる魚・・・結局は

↓↓↓

hokitika (25)
ほぼ シラスである (`ω・´)キリッ


hokitika (21)hokitika (23)hokitika (24)hokitika (31)hokitika (32)hokitika (33)hokitika (34)hokitika (35)hokitika (36)hokitika (37)hokitika (38)
Hokitikaの街に博物館があって、そこに色々展示されていて、街の歴史も知る事がでけた。
ちなみに入場料はDonationなので値段は決まってはいない。



hokitika (5)hokitika (7)hokitika (9)hokitika (11)hokitika (13)hokitika (14)hokitika (16)
この街もゴールドで昔栄えてたらしく、今もこのように店があった。
これだけゴールドを見る機会はないので、ちょっこすゴールドに興味を持ってしまった(`∀´)
こうやって陳列されてると圧巻だなぁ~(´∀`)

ゴールドの街だったROSS 

Ross.jpg
Holiday Parkを出発し、向かった先はNZで一番大きいと言われたゴールドの街
ROSS
に到着。
何か、南島に来てから金巡りばっかな件www
まぁ、南島が金で栄えたところあるみたいだからね。そういうポイント多いみたいだ。


Ross town (1)Ross town (2)Ross town (8)Ross town (9)
ほんとに寂しい街で、ここが金で栄えたの!? と思うほど・・・
ただ、建物はイチイチ情緒あるのがステキすぐるwww



Ross town (3)Ross town (4)Ross town (5)Ross town (6)Ross town (7)Ross town (20)
街を山の方に進むとI-siteが見えてきた・・・ってBANKって書いてありますけど???
軽く辺りを散策してると、こんな辺鄙なところに大型バスが・・・
シナ人が一気に押し寄せて来たwww



Ross town (11)Ross town (12)Ross town (13)Ross town (14)Ross town (15)Ross town (16)Ross town (18)Ross town (19)
静かになるまで再び辺りを散策すると、すぐ近くにコテージがあって、この街の昔の事が書かれた展示物や再現された建物があった。
しかし、Gold Town行くと必ず見かける手錠などで吊るされる場所がある。
金を狙って盗みが多かったんだな。



Ross town (21)
ここでは山の方に行くと小川が流れていて、多少だけどまだ金が採れる模様。
さっき寄った場所で$10で、いつもの金を探すセットで借りられたので試しにやってみた・・・・
1時間くらいやってじぇんじぇん採れないから諦めてすぐ撤退。。。 次の場所に向かった。。。
金探しも忍耐が必要という事だけが分かったwwww

Shantytown 

Greymouth (1)Greymouth (2)Greymouth (3)Greymouth (4)
昼11時頃Greymouthの i-siteに到着。 
天気が悪かったので予定を変更し、午後はShantytownに行く事になった。



shanty town (1)shanty town (2)
車で15分掛からないくらいで到着(゚∀゚)


shantytown blog (73)shantytown blog (71)
このShantytownを簡単に説明すると、昔の街を完全再現したテーマパークみたいなとこ。
再現率っぱなかった!!

入場料は$30 (2012年1月現在)

ここからは写真大量にうpww
shantytown blog (1)shantytown blog (2)shantytown blog (6)shantytown blog (7)shantytown blog (8)shantytown blog (9)shantytown blog (10)shantytown blog (11)shantytown blog (12)shantytown blog (13)shantytown blog (14)shantytown blog (15)shantytown blog (16)shantytown blog (17)shantytown blog (18)shantytown blog (19)shantytown blog (20)shantytown blog (21)shantytown blog (22)shantytown blog (23)shantytown blog (24)shantytown blog (25)shantytown blog (25)shantytown blog (26)shantytown blog (27)shantytown blog (28)shantytown blog (29)shantytown blog (30)shantytown blog (31)shantytown blog (33)shantytown blog (35)shantytown blog (36)shantytown blog (37)shantytown blog (38)shantytown blog (39)shantytown blog (40)shantytown blog (41)shantytown blog (42)shantytown blog (43)shantytown blog (44)shantytown blog (51)
汽車はちゃんと走っていて、短い距離だけどタダで乗る事がでけるお(゚∀゚)
再建された街には郵便局、消防署、病院、教会(昔は教会が学校だった)、生肉屋、市役所、銀行、裁判所、牢獄などが再現されていて、当時の生活が伺える。
19世紀、20世紀前半の海外の生活とかって実際で見る機会がないので、良い勉強となりますた(゚∀゚)



shantytown blog (48)shantytown blog (49)
実際にカフェで飲む事もでける。


shantytown blog (53)shantytown blog (55)shantytown blog (57)shantytown blog (59)shantytown blog (52)shantytown blog (58)shantytown blog (56)shantytown blog (54)
ここのオモしろいトコは昔 シナ人が金を掘りに来てて、それも再現(本物も展示してある)されてる事である。
シナから随分遠い、この田舎町によく来たもんだ。


shantytown blog (60)shantytown blog (61)shantytown blog (62)shantytown blog (63)shantytown blog (64)shantytown blog (65)shantytown blog (66)shantytown blog (67)shantytown blog (68)shantytown blog (75)
さっきの汽車に乗って更に奥地にっ!
石炭で動く汽車に乗れたのは良い体験だった(゚∀゚)



shantytown blog (69)shantytown blog (70)
この場所では$7で実際に昔ココでやった砂金体験がでける。
砂金も必ず採れるのでやってみると良い経験になるお!



shantytown blog (74)shantytown blog (76)shantytown blog (77)shantytown blog (78)shantytown blog (79)shantytown blog (80)shantytown blog (81)shantytown blog (82)shantytown blog (83)
古い物好きとして、個人的に結構楽しめますたっ( ´∀`)


Greymouth (2)Greymouth (1)
Shantytownを出た後は一旦Greymouthに戻り食材などの買い出しに。
Greymouthは南島でも大きい街なので結構揃う。 その後はHoliday Parkに戻り明日に備えまっす(゚∀゚)

アザラシと不思議岩 

1月6日、この日も移動しながら観光スポットを周る。 Motor way 6を南下って行くと
Seal colonyがあって、ここではアザラシが見れるのだ。
こんな感じ。
seal colony (9)seal colony (10)seal colony (3)seal colony (4)
近くまで行けなかったので微妙だけど・・・。でもまぁ目的は一応達成かな(´д`)


天気は悪かったけどアザラシは見れてパーキングに戻ったところ(ちなみにNZのローカル場所はどこもパーキングは無料が多い)、フレンドリーな鳥氏と友達に。
seal colony (6)seal colony (7)
パン上げたら、ガンガン寄って来て手渡しでけますた。 動物は可愛いな。

seal colony (5)
なんかこの鳥、結構貴重みたいだ。 キウイと同じで飛ばない鳥なんだって。


その後は、不思議岩の観光。
パンケーキロック (1)パンケーキロック (2)
目的地まではこんな道を通り。到着。


パンケーキロック (6)パンケーキロック (8)パンケーキロック (12)パンケーキロック (3)
パンケーキロックと言われるこの岩。 確かにホットケーキに見える・・・はずww
それにしても自然は偉大だ!

パンケーキロック (9)
デッかいマッスルの貝も大量にあったけど、国立公園内らしいので、夕食用にはしなかった。

パンケーキロック (10)パンケーキロック (11)
隣がすぐ海で波の音が聞こえるこの場所でテントを張って今日は終了!
シャワーもちゃんとあって、ここは結構良かった!

まだまだ続く ゴールド ご~るどっ ゴールドゥ!! 

川で砂金取りした後は急いで次なる目的地へ。さっきの場所から南西へ70kmくらい下った。
swing bridge to Reefton


Reeftonと言う名のレトロな街並みが印象的なこの場所は昔から金が取れる事で栄えた町らしい。

Reefton (9)Reefton (10)Reefton (1)Reefton (2)Reefton (3)Reefton (4)
観光案内所のi-siteの中が何とちょっとした博物館状態Σ(゚Д゚)
各町のi-siteは特徴があるトコもあって寄るだけでも結構楽しい!


Reefton (6)
SUSHI・・・だと・・・?? こっちのSUSHIは日本のではなく韓国が適当に創作したのが一般的にSUSHIと言われてて残念orz

Reefton (7)Reefton (8)
たまたま見つけた不動産情報。
こんな何も無い街の家の値段は・・・NZ$355,000
日本円だと今なら
2000万円くらい

さぁさぁ、皆さんどうですかっ( ̄▽ ̄)


Reefton (11)Reefton (12)Reefton (13)
ちなみに気温はナトゥで20度チョイだ。
冬は雪だらけだろう。。。


Reefton (14)Reefton (16)Reefton (17)Reefton (18)Reefton (19)
さてさて、オレがこの街に来た理由は
金の採掘現場の見学だっ!!

見てくれ!このバス!! 元は日本に有ったんだろうねww
このバスで見学ツアーに向かうのだ!!
軽く街もバスで周ったけど古い建物が多かった。 レトロ好きな自分はだいぶ楽しんだけどねwww



Reefton (20)Reefton (22)Reefton (23)Reefton (24)Reefton (25)Reefton (26)Reefton (27)
ガイド付きの普通の見学ツアー・・・(´д`)
英語が激しくアクセントの強いイギリス英語のため、何を言ってるかサッパリ分からん・・・orz



Reefton (28)Reefton (29)Reefton (30)Reefton (31)
何やら金と、それ以外の物質に化学変化を使って分けてる行程らしい。。。


Reefton (32)Reefton (41)
この足元にあるのも金が混じってるんだってサ。


Reefton (39)Reefton (40)Reefton (35)Reefton (36)Reefton (43)Reefton (44)Reefton (37)Reefton (38)
昔からこの場所で金を採ってたらしく、展示物もあった。
えっとね・・・
感想を言うと
・・・
・・・
・・・
・・・
スッゲーつまらなかった(´д`)

このツアー、ちなみに値段はNZ$55(1月5日 2012年現在)
高っ!!!

1つだけ感心した事はダイナマイトとか使って自然を破壊してるけど、その後にちゃんと植物を植えてることが、さすがNZと思った。
自然を破壊しないのが一番だけど、破壊した場合それを治そうとするのは大事。
それだけが、このツアーで一番印象に残った事かな。
それ以外は・・・><

ゴールド  ごーるどっ  ゴールドッ!!! 

Farewell spit to swing bridge
昨日の南島最北端のFarewell Spitから南下して今日はゴールド発掘へっ(゚∀゚)!?

実はニュージーランドの南島っていうのはゴールドラッシュもあったくらいゴールドが有名で至るところでそういうスポットがあるらしい。
ここらでオレも一発稼いでみるかと安易に思ったわけですYO!


吊り橋とさきん (1)吊り橋とさきん (2)吊り橋とさきん (4)吊り橋とさきん (9)
まぁ、今日のところは、お遊び程度で観光もしつつwww
ウワサによるとニュージーランドで一番長い吊り橋との事。 ボードに書いてあった。ホンマかいな???


吊り橋とさきん (5)吊り橋とさきん (8)
その橋の上をこんな感じで滑走でける模様。 大して楽しそうじゃなかったので辞めたww
スイスでバンジーやったけど、それに匹敵するのはなかなか無いねぇ~( ̄ー ̄)



吊り橋とさきん (10)吊り橋とさきん (11)
さて、砂金なんてオレみたいな初心者で取れるのか!? と思ったけど、いちいちエロいオ姉さんがスペシャル指導してくれたので(有料www)、練習も終えいざポイントへっ!!
実際、お姉さんの一部分が気になってあんまり指導内容を覚えてないヘンタイ紳士なオレwww


吊り橋とさきん (13)吊り橋とさきん (12)
地味な画だが・・・
・・・
・・・
そんなオレでも多少は取れたおっ!!
見にくいけど、ちょっこすヒカってるの見えるかな??
ちなみに、金色に光るフェイク砂金もあるので見分けるのに注意だっ!!
とにかく、ちょっこすだけど取れたので嬉しい><
アリガト! セクスィ~お姉さんっヽ(≧▽≦)ノ

乗馬と3日ぶりのシャワー 

国立公園でまさかのバウズを喰らったが予定が目白押しなので次なる目的地に突き進む(´ー`)
次なる目的地はNZ南島の最北端であるFarewell Spitである

Farewell kafe (13)Farewell kafe (14)
地図で見るとこんな感じだ。

本当に端っこまで行きたい場合はバスなどを使ったツアーじゃないと行けないんだが、どうせ見るなら遠くから見た景色の方がふつくしいと思い。途中で、南島最北端の景色が見えるイケてるカフェに寄った。
そこからの景色もふつくしい・・・(*´д`*)
Farewell kafe (7)Farewell kafe (10)
こんな感じだ。


Farewell kafe (21)Farewell kafe (3)Farewell kafe (2)Farewell kafe (4)
店を出た外の景色もふつくしい(´ー`)



今回はバスツアーなどに参加せず、別の作戦に。それは・・・( ̄ー ̄)
cape farewell (43)
馬だっ!!!!!
南島最北端の景色を間近で見るのも良いけど、逆に遠くから見た方が全体が見れると思い、今回の作戦は The 馬
を選んで☆みたww

cape farewell (37)cape farewell (1)cape farewell (2)cape farewell (38)
フフフ☆
ちゃんと馬で行くツアーもあるのだ( ̄ー ̄)ニヤリ

今回のオレのパートナーはMOMOちゃん(メス)
値段は2時間で$95(1月4日 2012年現在)

cape farewell (35)cape farewell (34)cape farewell (32)cape farewell (9)cape farewell (10)cape farewell (13)cape farewell (17)cape farewell (19)cape farewell (21)cape farewell (27)cape farewell (18)
一応、先導してくれる人は居るけど、ハッキリ言ってサーヴィス悪すぎ!! イケてる景色で時間取って写真もろくに撮らしてくれないし、馬も全体的に しつけがなっておりませんっ(`Д´)
乗馬経験が少ない人はオススメしないでっす。 写真撮る時間もじぇんじぇん無いし、馬も経験者じゃないとコントールでけないと思う。 逆に経験者は楽しめるかな♪♪

ま、景色はさすがに素晴らしかった!!!

途中のイケてる景色 (1)途中のイケてる景色 (3)途中のイケてる景色 (4)
乗馬を終え、本日泊まるホリデーパークに向かう途中で見つけたイケてるスポット(゚∀゚)
ほんと、イチイチ景色がふつくしい国だぜっヽ(≧▽≦)ノ


Kiwi holiday park south (2)Kiwi holiday park south (3)Kiwi holiday park south (4)Farewell kafe (11)
無事に本日泊まる目的地に到着っ!
3日ぶりのシャワーは最高ですたっ( ´∀`)

ダメだ・・・orz 

Jan 3rd (14)
Kahurangi国立公園2日目。 朝からトゥリに挑むがじぇんじぇんトゥれない・・・。
ホントに魚居るの? オレがヘタなの??(それは合ってるけどさ・・)
しかもヤツ(サンドフライ)による猛攻が相変わらずスゴく、ルアーも2個なくし、ヤル気もなくし撤退を決意・・(;´Д`)


Jan 3rd (1)
午後になる前に国立公園を出発。 相変わらず景色は良い・・・。


Jan 3rd (10)Jan 3rd (11)
次なる目的地に向かう。 陽もくれて来たのでこの日は車の中で寝ることに。
2枚目の写真はオレの車ではないけど、良い画になると思ったので撮ってみた( ゚∀゚ )
ふつくしい・・・(´∀`)


さてさて、明日は良い事があるのかな( ̄ー ̄)???

目指すは南島の国立公園!! 

NZ entire mapNelson to Motueka
Nelsonの町を朝10時頃出発し、Motor way 6 → Motor way 60という順番で海沿いを北西に上昇しMotuekaと言う場所へ向かう。
この町はそこそこ大きいので、これから向かう国立公園での野宿準備のために食材や釣りのためのライセンスを買うのが目的だ。

National park south island (5)National park south island (4)
とりあえず観光案内所のi-siteに寄って情報収集。
町もマックやKFCがある時点でNZでは大きい方www  特に南島はね(`∀´)

せっかくなのでSeasonal Licenseを買う。 $116と高い・・・orz


Kahurangi National park
準備を済ませ国立公園に向かう!

National park south island (9)National park south island (10)
さすが南島。 しかも国立公園近くは自然の宝庫><
というか道が・・・ヘンタイ・・・じゃなかったタイヘンな事にΣ(゚д゚lll)
と、通って良いんだよね???


National park south island (17)National park south island (11)National park south island (13)
険しい道を突破し、無事に目的地に着いた!!
南島最初の国立公園は
Kahurangi 国立公園だっヽ(≧▽≦)ノ
山の中なので、気温は低め。。。 更に南島は夏でもそんなにアトゥくならない・・。今年は雨が多い異常なナトゥらしく、30度超えはまずナイ。

National park south island (14)
ところで、なんでこんな怪しさ大爆発な格好かと言うと、コレのせいだ!!!
NZでは有名なサンドフライというブヨよりレベルが高いヤツ・・・。 遠慮なく血を吸ってきて、手がこんなに腫れる。 しかも、なかなか治らないというヤッカイな生物・・・。 
トゥリをするので、どうしても手周りは防御しようがない・・・トゥリに集中してると刺されてるのに気付かず、ふと見るとこんな状態に・・・orz


National park south island (15)
早速トゥリに掛かるが、日暮れが迫ってるのと、サンドフライの猛攻に勝てずすぐに断念・・・。
山では陽がなくなる前に行動しないとヤヴァイ事になるので、明日に備えることにしますた。 というトゥれない言い訳をしてみる…(-_-)

南島へっ!! 

さらば北島っ!! また数週間後に帰還しまっす(`・∀・´o)

jan 1st (13)
1月1日に首都Wellingtonからフェリーにて南島へと出発した。 後ろの大陸は南島の大陸。 NZは夏だというのにご覧の通りの服装(´д`)

jan 1st (2)
車も一緒に南島へ(*゚▽゚*)
新年という事もあって、フェリーの料金は高め。 値段は片道$250くらいした・・・orz
朝8時の出向だったので、1時間前には着いてチェックインしておかないといけなかったので、かなり早起きしますた。 眠ぃ~(。_。)

フェリーはネットで予約でけまっす。
このWellingtonとPictonを結ぶフェリー会社は2社あるらしい。
参考までにURLを。
 ちなみに値段はほとんど同じっぽい。

フェリー会社そにょ1(オレが利用した会社)

フェリー会社そにょ2


jan 1st (1)jan 1st (4)jan 1st (3)
空港などと違って荷物チェックなどはなかった。 一応、ナマモノとか常識外のはNZだろうけどw あ、水などの液体、パンなどの食い物も車に置きっぱだったけどOK牧場だったお( ̄ー ̄)

jan 1st (8)jan 1st (7)
フェリーの中は軽食を取れる店や、Barなどもあった。
もちろんトイレもね。
しかも、席によってはコンセントもあったのでPCの充電もついでにでけた。



jan 1st (9)jan 1st (11)
せ、船長っ!! 大陸が見えますたっ|*゚Д゚|┛ 

野郎ども!上陸準備ダァ~っ(ノ>ω<)


jan 1st (14)jan 1st (15)
首都Wellingtonを出発して3時間後には南島に無事到着っ!!
う~む、景色や雲が違うぞ(・∀・)
緑が増えてますやん(´ー`)


jan 1st (17)jan 1st (16)
本日の目的地はサニーネルソンと呼ばれてる、晴れが多い地域に移動。
看板に100kmって書いてある通り、Nelsonまでの道のりは約100kmくらい走ったお(・д・。)


数時間後、ネルソンに無事に到着。 ネルソンの中心地から少し離れたトコにある、本日泊まる予定のHoliday Parkっていうキャンプ場にて今日は就寝(--)☆


ちなみにこの日の移動ルートはこんな感じだ。
till picton
まずは首都Wellingtonから南島のPictonまで↑↑↑


till Nelsontill Nelson2
南島に上陸してからはPicton → Nelsonに。

という感じでっす。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。