スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAGのスケール 

SAG(Screen Actor Guild)の略。 いわゆる役者組合で、仕事してもらえる金額も約2倍(それ以上も)にもなる「上級レヴェル役者」のようなもの。
こっちで生き残るのは予想してた以上に大変だ。 お金になる仕事取るなんてもっと大変だ。 はっきり言います。オレ、甘かった!!
日本では「アクション」という特殊なジャンルだったから、そんなに上手くなかったオレでも、多くはなかったけどちょくちょく仕事は直電で貰ってたんだけど、こっちではオーディション仕事という順番でその最初の第一関門を突破するのは最強に厳しい。 こないだのSAGスケールのCMのオーディション受けた時に、あまりのレヴェルの高さにマジビビリしますた。 オレの役はセリフ無かったんだけど、セリフあるどう見ても普通のおっちゃん(山田康雄さんみたいな感じの人)の演技(しかも長セリフ)が超自然で上手すぎ。 周りのセリフ無い人達も自然体だし、スゴ過ぎた。 外国人ってやっぱり表現力がハンパないと思うし、顔にも出易いらしくスゴイ伝わって来るんだよね。  それで、その時思ったのが「このレヴェルの人達と渡りあって行くのか・・・。」だった。。。 まだSAGにもなれない自分はSAG用じゃない仕事も取れてないのにSAGのレヴェルを見たもんだから、正直これから先、仕事取れるか自信が・・・。 という不安が出た。 これは誰にでもあると思う。。。  で、弱気になったので帰り道で、学校で一番頼っている&コンバットの先生でもある熊本出身のMさんに電話して色々弱音を聞いてもらった。。。 俺、まじでガラスのハートなんです。 というか器小さいのです。。
 Mさんの話によるとウワサ通りだった。。。 オーディション200コ受けて受かるのが1 or 2コとの事。 Mさんでさえ、数はプライバシーだから言わないけど少ないとの事。 それ聞いて少し気持ちが楽になった。。。 だけど、AgentやManagerさんがオーディション情報を取ってきてくれて期待に答えたいのに結果が出ないのはやっぱキツイぜよ!  まだ受けた数は20も行ってないオレだけど、生活面もそうだし、良い結果が少しでも出る様に1回1回やって行くしかない。。。 一晩寝れば忘れる事がでけるオレなので気持ち切り換えて残り1年8ヶ月やるだけやるぜよっ。

スポンサーサイト

コメント

ヘルメスさん
 さすが博学ですね! 演技ももちろん大事です!! そして、存在感ももちろん大事です。 
演技が上手い人が多い中成功するって、きっと運と存在感が大きな割合を占めているんでしょうね。 江頭さんのような存在感は憧れなんです!

存在感

その世界一のハリウッドに尊師は挑戦しているのですから、私は尊師をとても尊敬しているんですよ。

オーディションはまさに就職活動みたいですね。私も100社以上に履歴書を送りましたが、面接までこじつけたのはたったの5件ぐらいでした。そして、どれも不採用でしたよ。そしてホームレスになりかけたとき、やっと仕事にかろうじて引っかかりました。労働条件も、給料も、ベネフィットも最悪ですけども。ホームレスになったら、アニメすら観れませんからね。アメリカは、最低限度の生活も保証してくれませんから、日本国憲法と違って、どこにもその条項はありません。それを変えてくれる候補に私は期待しています。

SAGの元会長はレーガン大統領ですね。でも、彼の演技レベルはそれほどでもなかったという評価です。シュワちゃんも、演技ではそれほどでもないですが、彼は、だれも持っていない彼独特の存在感でしょうね。江頭もそうですね!

体を張ってがんばってください!

lighttwig@tokyoさん
 名前、またちょっこす変わったんですね! 
 そうなんですよね~。 自分はその時オーディション逃げたくなりました。あぶら汗が全快で出ましたよ。 そしてその時は完全に「負けた」でした。
今は立ち直ってます!

そうだよな
レベル見たら絶句するよね
自分てなんて 及んでないんだろうってね。

そして
そこでどう思ってどう進むかよね
負けないぞーーってね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lancemasa.blog48.fc2.com/tb.php/237-edef8bb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。