スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディション 

今日もオーディションがあった。Hollywoodで。  何かのTVドラマで役は日本人の「Director、First A.D.、swetcher, Booth A.D.」だった。 普通は1役をオーディションするのに4役。  おそらく、読んでみてから適した役にキャストされるんだろう。
述べた通り、設定は日本人なのにセリフはじぇんぶ英語です。 しかも日本語アクセントと書いてあったのに、実際行ったら「ほぼno accentでお願い申す。」との事。 ハイ、キターーーっ!!コレがアメリカです。 彼等はじぇんじぇん何も分かってない。 彼等が求めてるのは「見た目が日本人」だから喋りは極端に言うと気にしない。 だからHollywood映画でも日本人役なのにAmerican Korean、American Chineseに取られる。 コレが半世紀以上も続いてる現状。ステレオタイプの考え変えるのは俺が生きてる間は無理だねこりゃ。 オレは自分の人生40年と考えてるし。
それで、オーディション会場にはnative Japaneseも居るし、American Japanese or Koreanであろうとか、とりあえず見た目が日本人っぽい人達。 ちなみに、アメ人目線だとどれがKorean、Japanese、Chineseなんて分かりません。 簡単に言うと自分達も黒人をどこの国出身か分からないのと同じ感覚。アフリカ系、アメリカ系は分かるけどさ。
とにかく、自分が組んだパートナーは1度会った事のあるnative japaneseの人で良い人だったしオーディション自体は悪くなかったと思う。 ソレを考えるとTheatricalのオーディションでテンパッテた頃に比べたら少しはマシになったのかな? 皆言う事だけど、オーディション終わったら「落ちたと思って忘れる」が一番良い。  この世界はそんなんばっかだからさ。
さてと、公園行ってトレーニングでもして来ます!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lancemasa.blog48.fc2.com/tb.php/280-6802e786

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。